キャビテーションは効果なし?!痩せない口コミが多いけど真実はどっち?

20150716
キャビテーションは効果なしという口コミを多く見かけます。

Yahoo知恵袋などで、キャビテーションに効果はありますか、という相談に対して、効果ないとバッサリ切り捨てる回答も結構多く見られます。

家庭用キャビテーションの購入を検討している人やエステでキャビテーションを受けてみようかと考えている人にとっては、何が本当なのかわからなくなって、ますます不安がつのってしまうと思います。

本当にキャビテーションは効果がないのでしょうか、それとも、ホームページで謳われているように脂肪を溶かして痩せられるのでしょうか。

キャビスパEXを販売しているヤーマンの購入申し込みページには、キャビスパEXをモニター使用した人の写真が掲載されています。

キャビスパEXの使用後は、おなかや腰回りやお尻の脂肪が明らかにおちているのがわかります。

これはやはりキャビテーションの効果なのではないでしょうか、そう信じたいところです。

Yahoo知恵袋で効果なしと切り捨てて回答している人たちは、少なくともその人自身がキャビテーションをしてみて回答をしているとは思えません。

エステのキャビテーションを体験した人の口コミには、当日にウエスト2センチ減、そのさらに3.4日後に5センチ減したという人もいます。

キャビテーションは脂肪が溶かされてからリンパへ老廃物として運ばれて、その後肝臓から尿に排出されます。

この間5~7日間かかりますので、キャビテーションの施術を受けた日から5~7日かかって脂肪を排出します。

おなかにキャビテーションを受けたのに太ももが痩せていったという人もいるそうです。

この感想はラ・パルレを受けた人のものでした。

しかし、です、エステでキャビテーションを受けたけど全然効果がなかったと言っている人もいます。

感想が真逆なのです。

いったいどちらが真実なのでしょうか。

そもそもキャビテーションとは何なのか?

~仕組みのおさらい編~

キャビテーションとは、身体にメスを入れたり薬を使ったりせずに、超音波を出すマシンを当てて部分痩せを叶える痩身方法です。

普段と同じ生活に取り入れるだけで良いので、特に運動量を増やすでもなく、食事量を変えるでもなく、痩せたい部分だけに効果を得られるなんて女性からしたら夢のようですね。笑

どんなにストレッチを頑張っても、筋トレをしてみても効果の出なかった足やお尻、おなか回り・・そんな悩みを解消できたら、きっとこの上なく嬉しいはずです。

では、早速キャビテーションの具体的な効果を・・と行きたいところですが、どんな仕組みなのか、先に少し物理の時間の始まりです。

私と同じように原理が気になった方を知恵袋でお見掛けしたので、納得できる回答になってると嬉しいのですが、面倒な方は①の下の方だけサラッと流す感じでも大丈夫です!w

まず前提として、キャビテーションという言葉は、もともと美容界生まれの言葉ではなく

『液体の流れの中で圧力差により、短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象である。空洞現象とも言われる。』・・という、れっきとした物理現象の名前です。(WIKIより引用)

また

『気泡が消滅する瞬間に、微小ながら強い圧力波が発生し、騒音・振動を発生させる。』そうなので、要するに「何らかの形で対象に圧力をかけ、気泡を発生、そして消滅すると振動する(衝撃がある)」

という一連の流れと解釈して問題ないと思います。

そんなわけで美容界においてのキャビテーションとは、この仕組みを使って、(脂肪やセルライトにだけ効果のある)特別な超音波を痩せたい部分にあてると、脂肪細胞膜を刺激して中の脂肪を乳化させ、体内へ溶かし出す⇒結果的に脂肪を老廃物に変換して体外へ排出してくれるシステムなんですね。

続いて、このキャビテーションのメリットとデメリットをあげていきます。

★メリット★

・切開や薬品の使用がなく、施術後のダメージが少ない
・リバウンドのリスクが低い
・施術中・後に痛みがない
・最近はエステに行かなくても自宅でできる
・脂肪が原因のたるみなら撃退できる
・痩せたいところを選べる

★デメリット★

・溶かした脂肪は老廃物の扱いになるので、肝臓・胃に負担がかかる
・ゆっくりと体外に排出するため即効性は×
・マシンによっては超音波が骨にあたり、骨伝導によって施術後に音が耳に残る場合がある

こうして見ると、施術後に内臓へ負担がかかる点は気になりますが、それも一時的な症状です。逆に何も変化がないよりは、きちんと段階を進んでいる目印になりそうですね。笑

また、キャビテーションの強みはや部分痩せですが、超音波が届く深さが決まっているため、沢山減らしたい場合には何度か施術が必要です。

効果が賛否両論になるのは何故なのか

~損する人得する人はどこで別れるの?編~

ネットで少し検索してみると、「長年諦めてたけど効果があった!」もしくは「効果がない!無駄だった・・」と評価が真っ二つになっていることがすぐに分かります。

一体どちらが正しいのか?何を信じたら良いのか判断できませんよね・・。こちらでは「どうして効果がなかったのか」「効果があった人は何をしてたのか」説明します。

口コミを見比べると分かりやすそうだったので、以下にピックアップ致します!

★効果のあった人の口コミ一例★

・腹囲は3cm減りました。乳化した脂肪は約48時間で再び固まるので、施術後は水分を沢山とって汗や尿で出してくださいとアドバイスをもらいました。運動・食事制限はそんなに意識していませんが、お酒を飲む人は結果が出にくいみたいです。

・体重はそのままに、ボディラインが変わりました。1回ですが産後太りのお腹と二の腕が明らかにスッキリ!効果が出やすいように、キャビテーションの後にはしっかりリンパマッサージも行いました。

・私は脂肪が硬くて厚かったけれど、一回目で柔らかくなってて感動!食事制限はしてないけど、暴食もしなかった結果かな

★効果のでなかった人の口コミ一例★

・施術直後は脂肪が柔らかくなってたけど時間が経ったら元に戻ってた・・
排出できていない気がします

・マシンを当てたけど何も変化がない。

・溶け出した脂肪はリンパへ流れるので、マッサージ等で排出を促すのが良いって聞いたけど有酸素運動の方が良かったかな。

・直後はサイズが落ちたりしましたがすぐに元に戻りました。マッサージや発汗をある程度継続した方がよかったかもしれません

★効果があった人が行っていたこと・まとめ★

・事前に半身浴で体を温めて、脂肪を柔らかくした。
・施術後は体が脂肪をつけようと働いてしまうので食事は少なめにしてタイミングに気を付けた。
・リンパマッサージをしっかり行った。
・排出しやすくするため、施術前後はこまめな水分補給をした。
・軽い運動や有酸素運動をした。

★効果が出なかった人にありがちなこと★

・施術後すぐにいつもと同じ食事をとった。
・施術後のマッサージを行わなかった。
・水分補給が足りず上手に排出されなかった。
・身体が冷えていて代謝が落ちていた。

こう、パッと見た感じで言えば、良い結果が出た人は排出することにとても重きを置いています。

さらにキャビテーションはこういうものだと詳しく知ってる人や、美容関係に強い人に効果が出ているようなので、あらかじめ知識を入れたり、しっかりとアドバイスを受けるなどして、施術前後に適切な過ごし方をしているようです。

体の面積を減らせる行為だと考えると、排出にも前向きに取り組みやすいですね◎

逆に効果が出なかった人は・・

食事のタイミングや水分補給の大切さのような、ささいなところを見逃してしまった可能性が高いです。施術が終わると一安心、満足してしまいがちですが、刺激した脂肪は排出しないと再び凝固してしまいます。

施術を受ける場合には、いつもより体温を高めたり、こまめに水分補給するなど
ちょっとしたところに力を入れてみましょう。

最小限の努力で最大限の結果を出すにはどうするか?

~施術前後の過ごし方が重要ポイント~

キャビテーションは施術前後の過ごし方が最大のポイントで、特に施術後のマッサージと排出なくしては効果が発揮されません!

また、あくまで人為的な行為のため、「蓄えがなくなりそうだ・・肉をつけなれば!」と体が指令を出しているタイミングで食事をとってしまうと元も子もないですし、施術後は肝臓や胃腸に負担がかかることもふまえて、食事は前後1時間ほど控えましょう。

そして、施術効果で脂肪が柔らかくなっている時間はだいたい48時間程度ですので、その間をどう過ごすかで効果の良し悪しが決まるというわけですね。

以上のことから、施術前後にやった方が良いことをまとめます。

・【前・後】体を温かくし、代謝しやすい状態に整える。
・【前・後】こまめに水分補給をする。
・【前・後】48時間以内は食事量を調整する。
・【後】十分なマッサージをし、余裕があれば有酸素運動も取り入れる。

キャビテーションは、痩せるためのキッカケを作ってくれる美容法です。エステにしても家庭用にしても、施術で細胞に働きかけはしてくれるものの、マシンを当てておけば良い、というものではないんですね。

繰り返しになりますが、痩せる為の準備と、そして施術と施術後の過ごし方。体質はもちろん誰しも違いますが、できることは同じです。やったかやらなかったかで結果が分かれるなら、やるに越したことはないですね!

色々な人の体験を読んでいくと、どうやらキャビテーションは施術前後がカギのようです。

まず、体を温めて代謝の良い状態にもっていくことでキャビテーションの効果があらわれるため、もともと代謝がよくない状態の人は温めに時間がかかってしまいます。

この「あたため」はエステではヒートマッサージやドームサウナで行ってくれるメニューが含まれているかどうかがポイントになります。

そしてキャビテーションで脂肪を溶かした後は、しっかりと排出を促すことが大事です。

この「排出」は、リンパマッサージなどのハンドマッサージでリンパを流すメニューが入っているかどうかポイントになります。

そして、キャビテーション後は水をたくさん飲んで排出を促したり、食事に気を遣って高カロリーなものを控えて内臓にとって優しい食事をとることでよりスムーズな老廃物の排出が期待できます。

こうした少しの違いで結果が大きく変わってくることがわかりました。

せっかく受けたキャビテーションが効果なしになってしまうことのないように、エステはメニューをよく見て選ぶことが大事ですし、施術後の過ごし方にも工夫が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です