部分痩せでウエストを引き締めるエクササイズは?肋骨と骨盤の間を動かす習慣をつけよう


痩せたい部分といわれても、「全身痩せたい!」という方が大多数だとは思いますが、そんな中でも最も希望の多い部分痩せパーツは、ウエストまわりではないでしょうか。

私が実際にやってみて、効果を感じた部分痩せエクササイズをご紹介します。

そもそもウエストまわりに余分な脂肪がつきやすいのは、普段あまり動かさない部分だからです。

さらにいうと、自分でコントロールして動かさないことでその部分の神経が眠っていて、自分の体にとって隙になってしまっていることが良くありません。

なので、まずは肋骨と骨盤の間をしっかり動かす習慣をつけることが大切です。

簡単なエクササイズは、膝を立てて仰向けになり、両手は頭の後ろにまわします。

その状態で腰から下を左右に振ります。

このときに、できるだけ肋骨は動かさないようにするのがポイントです。

今度は立った姿勢で、両膝はゆるめる程度に軽く曲げ、腰から下は固定します。

そして、肋骨から上だけを左右に回旋させます。

これができたら、次は少々難しくなります。

肋骨から上を固定して、腰から下を左右に回旋させます。

これができるようになると、ウエストまわりの運動神経が随分目を覚ましてくれているといえます。

このような動きを自宅用エクササイズマシンで行う場合は、レッグマジックサークルという商品が良いのではないかと思います。

上半身を固定して下半身を回旋させることができるので、ウエストまわりの引き締めにおすすめです。

ウエストまわりの部分痩せをしたいのであれば、過度な筋肉をつけてしまって体幹を強くするとくびれがなくなってきてしまうので、軽めの負荷での運動をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です