キャビテーションエステの効果の上げ方は?施術後にリンパマッサージをすると良い?


キャビテーションとは、液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象のことであり、空洞現象とも呼ばれています。

この現象を取り入れたエステの方法であり、超音波による音の振動で波動が発生し、この波動が液体と一緒になるときに発生する気泡を破裂させるときの衝撃を利用して脂肪の燃焼を促進させるものです。

キャビテーションエステの施術では、気になる部位に20分ほど機械を当てその部位に固まっている脂肪を破壊し体外に流れやすい状態にしてくれるというものです。

受ける頻度としては、1回の施術で溶かされた脂肪が3~4日かけて外に排出されるため、3、4日に1回、1週間に2回ほど受けることで最短の効果を得られるとみられています。

キャビテーションエステの効果の上げ方としては、施術の間にリンパマッサージなどのセルフケアを行うことです。

それをすることで相乗効果が生まれ、最高の成果を出すと思われます。

キャビテーションの施術後3日程度は、新陳代謝が活性化しているため脂肪が燃焼されやすくなっています。

そこでリンパマッサージなどを繰り返し行い、凝り固まったセルライトを分解していくことでよりよい効果が期待できます。

注意すべき点としては、キャビテーションを行った後の2~3時間は、代謝が高まり老廃物が体外に出やすい時間帯となるため、この時間の食事摂取はいつも以上に栄養分を取り込んでしまうために、食事を控え、水分を取ることで細かくなった脂肪を体の外へ出すようにしましょう。

今述べたことを含めキャビテーションエステの良いところは、即効性があり体への負担がないということです。

また、機械を購入すれば自分でもできるという点も魅力です。

脂肪自体を破壊し体外に出すためリバウンドの危険性がないことは大きな魅力です。

施術の回数や効果の出方は人それぞれ個人差があります。

しかし、部分やせなど興味がある方は1度体験してみることもいいかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です