おしりの筋肉を鍛えて部分痩せするには?スクワットや床にうつ伏せになった形の体操が効く?

20151030
ダイエットには、全身を絞るダイエットと体の一部のみに集中してダイエットを行うプログラムがありますが、私は部分痩せダイエットでおしりを引き締めることに成功しました。

どうしておしりに絞って部分痩せダイエットをしたかというと、以前ジョギングをしてダイエットをしたのですが、その結果体重は減りウエストなどもキュッと絞られたものの、おしりだけが理想の形になっていなかったためです。

私の理想のおしりは、上にキュッと持ち上がり後ろにプリッと突き出している形なのですが、これを実現するためにおしりの筋肉を使った筋力トレーニングを行いました。

道具は使用しないので、やり方はいたって簡単です。

やり方は大きく分けて2つあります。

1つは、立ちながらやるスクワット系です。

2つ目に、床にうつ伏せになった形で行う体操です。

まず一つ目のスクワット系は、一般的に両足を広げて腰を深く落とす種類のものと、片足立ちをして浮いた状態になっているもう片方の足を前後に振りだすもの、あとは同じく片足立ちをして浮いた状態になっているもう片方の足を左右に振りだすものの3種類を行いました。

2つ目の床に寝そべって行う体操は、四つん這いになる形で両肘と両膝を床につけ、そこから片方の足を後ろに思いっきり伸ばして伸縮させるものと、伸ばした足を10秒ほどキープしてから元の位置に戻すものの2種類を行いました。

ダイエット本によく掲載されているこれらのトレーニングを2日に1回のペースで約2か月行った結果、おしりの引き締めと部分痩せに成功した形です。

この部分痩せダイエットをしている間も、3日に一回のペースでジョギングをしていたのでその効果も影響しているのかもしれませんが、私のように継続してトレーニングを行えば、おしりを引き締めることは誰にでもできると思います。

ただ注意しないといけないのは、急に過度に負担をかけると肉割れを起こす可能性もあるので、期間を決めてトレーニングを行う必要はあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です