部分痩せでおしりを引き締めるには?おしりを意識して力を入れる状態を保つと良い?


鏡で毎日顔をチェックしても、おしりまでチェックすることはありません。

その無関心こそが、弛んで格好の良くないおしりを作り出してしまうのです。

おしりを引き締めたければ、いつでもおしりを意識して、無関心をやめるべきです。

それこそが、おしりの引き締めの第一歩なのです。

そして、おしりをスポーツ選手並みに引き締めるのは至難の業と理解しておきましょう。

あれは長年にわたり、厳しいトレーニングを積み重ねた結果だからです。

私達はあくまでも引き締めレベルを目指して、小振りで垂れていないおしりを目指します。

そのために頑張れば、引き締めは誰にでも可能なことなのです。

さて、おしりのためにまず必要なのは、ジャストサイズのショーツを穿いているかチェックしましょう。

大きなサイズは恥ずかしいと、身体に合わないショーツを身につけていると、血行が悪くなり、冷たい脂肪がどんどんと厚くなってしまいます。

足の付け根部分がきつ過ぎないかどうかも、同時に確認しましょう。

次に、いつも意識的におしりに力を入れておきます。

歩いている時、立っている時はもちろんのこと、座っている時も家事に勤しんでいる時も欠かさずにおしりに力を入れます。

たったこれだけでも、おしりの筋肉が刺激されて、引き締めへの階段を確実に上がっていくのです。

よく、ビー玉をおしりに挟んでキッチンに立つエピソードが紹介されていますが、そのようにおしりの引き締めに纏わる話はどんどん真似すべきです。

これを毎日必ず続けると、今度は無意識でもおしりにキュッと力を入れている状態を保てるようになります。

この域に達することが出来ればOKです。

おしりが自然と上に上がり、サイズダウンしていきます。

また、忘れてならないのが、垂れたおしりは油断の産物です。

おしり引き締めに終わりはないと肝に銘じて「キュッ」を続ければ、一生ジーンズの似合うおしりでいられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です