部分痩せでウエストを細くするエクササイズとは?ドローインが効くって本当?

20151027
体重は落とせても脂肪が落ちないのがウエスト回り。

腹筋やひねりをいれたエクササイズをしても、思うように部分痩せしづらい個所ですよね。

でも、意外と簡単な方法でウエスト回りを細くすることができます。

汗もかかずに、毎日の空き時間を利用してウエストがスリムになってしまうのです。

わたし自身はウエストを細くしたくて始めたエクササイズではなかったのですが、当初の目的を達成しつつ、おまけで付いてきた効果でした。

今ではいろんな人に効果を宣伝しています。

その方法とは、実に簡単です。

慣れないうちは、床に仰向けに寝転がって行います。

そうして、お腹を床につけるつもりでお腹をひっこめます。

30秒間はぐっとお腹に力を入れて、ひっこめた状態をキープします。

30秒たったら15秒休憩します。

これを1セットとして15セットするだけです。

可能であれば朝晩の1日2回がおすすめです。

最初はきついかもしれませんが徐々に慣れますので、できればこの回数は守っていただきたいです。

また、気をつけたいのが呼吸です。

力を入れて腹部をへこませるので呼吸がしづらくなりますが、出来る限り普通通りの呼吸をしてください。

慣れてくると呼吸も自然と出来るようになります。

もう一つ気をつけたいのが、肩を上げてしまうことです。

慣れないうちはどうしても力みが出て肩が上がってしまいますが、肩が上がらないように注意してください。

これらのことに気をつけてエクササイズをしていると、劇的に体が変わってきます。

当初は腹部全体を引っ込ませるので良いのですが、次第に本当に筋肉に刺激を入れるべき部位が分かるようになります。

さらには正しい筋肉に刺激が与えられるのを実感できるようになります。

こうなれば効果が出始めていると思って大丈夫です。

ウエストが細くなるのは時間の問題です。

必ず効果が表れるので、頑張って続けてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です