部分痩せにはお腹を温めると良い?冷えから内臓機能が低下し脂肪が付きやすくなる?


食事制限や運動をしてもお腹だけぽっこりと出て悩んでいませんか。

お腹だけやせないのは冷えが関係しているからかもしれません。

お腹には大切な臓器がたくさん集まっています。

脂肪にはクッションの役割があり、衝撃から内臓を守ってくれています。

冷えると内臓機能が低下するので、脂肪で守って冷えないようにする役割もあります。

また、冷えは血流を悪くして代謝を落とす原因にもなります。

大切な臓器を守るためにお腹に脂肪がつきやすいのです。

特に女性は子宮や卵巣など大切な臓器があるので、男性に比べてお腹に脂肪がつきやすいです。

温めることでお腹の部分痩せができます。

手先足先が冷たい方は冷えを自覚しやすいですが、手先や足先がぽかぽかしていてもお腹が冷えている隠れ冷え性の方がいます。

こういう人に限って冷える生活をしています。

お腹を触って冷たければ隠れ冷え性です。

お腹を温めるために腹巻をしましょう。

腹巻なんてださいと思うかもしれませんが、かわいい柄のものや男性でも抵抗なく着用できるシンプルなものもあります。

綿やシルクの腹巻は保温性が高く肌触りが良いです。

食事も冷えに関係しています。

冷たい飲み物ばかり飲んだり食べたり、生野菜ばかり食べていると体が冷えます。

ビールをよく飲む方はお腹が冷えやすいので注意が必要です。

お酒を飲むなら焼酎のお湯割りなど温かいものがおすすめです。

生野菜は酵素が摂れて良いですが体を冷やすので、温野菜も取り入れるようにします。

根菜の温野菜は体を芯から温めてくれます。

生姜は漢方にも利用される体を温める食材です。

加熱すると温める働きが高まります。

加熱の仕方は炒めるよりも蒸す方が温め効果が高くなります。

スープや炒め物、生姜湯など加熱調理に使用するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. りべらる より:

    きゃぴこさん、はじめまして。
    りべらると申します。

    おなかを壊すから、お腹を冷してはいけないと思っていましたが、卵巣などの大切な臓器を守る為でもあるんですね!
    冷さないように気を付けますね^‐^

    また、訪問させていただきます。
    応援ポチしました。。

    • dmx0601 より:

      りべらるさん
      返信遅くなり大変すいませんでした。

      はい、お腹を冷やさないようにしてください。
      応援ありがとうございます。

      とても嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です