むくみが下半身に出た時の解消方法とは?運動と食事と睡眠の3つに気を付けよう!

20151009
下半身のむくみを解消するには、運動と食事と睡眠の3つが大切です。

一つ一つを詳細に確認して下半身のむくみを解消させましょう。

はじめに運動ですが、運動自体よりも運動不足によって下半身がむくむ場合が多いといえます。

簡単な運動でも良いので、こまめに運動すると良いでしょう。

おすすめは軽いウォーキングとストレッチです。

ウォーキングは隙間時間にも行えますし、電車待ちの時や、帰り道を少し遠回りして歩くなどの運動をして、むくみの解消に努めましょう。

次にストレッチですが、ストレッチはお風呂上がりに行うと効果が良く現れます。

血流が良くなるような動きに注目してみましょう。

さらに食事ですが、ミネラルが足りなくなると下半身のむくみが起こります。

これを解消するような食事は、カリウムやマグネシウムなどを含む食品を摂ることです。

といっても、マグネシウムが豊富に含まれる食品を探すのは意外と手間です。

そこで、meijiから発売されている「ほほえみ」などの新生児用の粉ミルクを積極的に摂取してみましょう。

カリウム、マグネシウムだけでなく、カルシウム、ビタミン群など総合的な栄養が摂取できる優れもので、むくみ解消に一役買ってくれます。

もし、粉ミルクを飲むことに抵抗がある場合は、大豆食品や海藻を食べると必要なマグネシウムを始めとするミネラルを摂取できます。

そして、さらに大切なのは睡眠時間の確保です。

リンパの流れが滞るとむくみが起こりやすくなります。

寝ている時間というのは、一日の中で最も足に負荷がかからない、言わば足がリラックスできる時間です。

そこで、むくみを解消したいと思っている方は、睡眠時間をやや多めに設定してみましょう。

仕事の関係などで睡眠時間の確保が難しい方は、膝の裏を撫でるように50回程度左右の足をマッサージしてから寝てみましょう。

幾分、下半身のむくみが取れるはずです。

また、休憩時間に横になる行為も睡眠と同じような効果が期待できます。

そのような環境があるならば足を圧迫感から解放するような時間を少しでも確保すると良いですね。

これら全てを実行すれば下半身のむくみとはさよならすることができるでしょう。

しかし、それでもなお、下半身のむくみがとれない、倦怠感があるという方もいることでしょう。

その場合は、内臓系のどこかが悪くなっている可能性があります。

医師にその旨を相談し適切な処置をしてもらいましょう。

基本的な下半身のむくみ対策は、軽めの運動、ミネラル豊富な食事、十分な睡眠であることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です