セルライトの潰し方を簡単にする方法は?体を温めて脂肪を柔らかくしてからだと良い?

20151008
お尻や太ももなどが凸凹で悩んでいませんか。

セルライトは脂肪が溜まりやすい場所にできやすく、一度できると運動や食事制限では解消しにくいといわれています。

セルライトは脂肪細胞を老廃物やコラーゲン繊維が絡まり合ったものです。

繊維が固く脂肪を取り囲んでいるため、運動や食事制限では解消が難しいのです。

効果的なのが潰すことです。

エステでも潰していますよね。

でも、エステは高いし時間がないという方もいると思います。

セルライトは自宅でケアできます。

間違った方法で潰すとセルライト周辺の血管や筋肉を傷つけて内出血を起こす恐れがありますが、正しい潰し方なら自宅でも簡単にケアできます。

エステではセルライトを潰すマッサージの前に、キャビテーションやラジオ波を当てて脂肪を柔らかくして、サウナなどで体を温めています。

こうすることで老廃物が排泄されやすくなります。

自宅の場合、家庭用のキャビテーションマシンやラジオ波マシンを使用すると、肌が滑らかに近づきます。

マシンはヤーマンのキャビプラスがおすすめです。

キャビテーション・ラジオ波・EMSの3つの機能が搭載されています。

マシンを使用しない場合は、入浴中や入浴後の体が温まっているときにマッサージを行います。

血流が良くなっているときにマッサージを行えば、老廃物がスムーズに流れます。

太ももや二の腕のセルライトはつまみ上げるようにして潰します。

グイグイ力を入れ過ぎると血管やリンパを傷つけるので、無理な力は加えないようにしましょう。

肉全体をつかむのではなく、肌表面をつまみ上げるようにします。

老廃物を流すために、最後に心臓の方向に向かって太ももや腕をなでてマッサージします。

オイルを使用するとさらに高い効果が期待できます。

ヴェレダのシルバーバーチオイルは、肌を引き締めて滑らかな肌に導くオイルです。

シルバーバーチオイルを使用してマッサージをするとぽかぽかとしてきて、翌日にはむくみがすっきりします。

手でマッサージするのも良いですが深部に働きかけたい場合は、ヤーマンのアセチノメガシェイプがおすすめです。

グイグイもみだすエステティシャンのような感覚を自宅で味わえます。

アセチノメガシェイプには13個の突起がついた8個のローラーが使用されていて、ローラーが高速回転することで深部にまで働きかけ、エステティシャンのハンドケアのような感覚を出しています。

1分間に約49000回もアタックしてパワフルに働きかけます。

防水性なので入浴中にも使用できます。

体が温まっている入浴中に行なうと効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です