セルライトは正しい潰し方でお腹もスッキリできる?食後は控えエステでの施術が効果的?

20151006
セルライトは脂肪細胞と滞った老廃物が絡まり合ったものです。

冷えると血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が蓄積します。

脂肪が溜まりやすく冷えやすいお腹は、セルライトができやすい部位です。

セルライトは腹筋を鍛えても解消することができないため、お腹だけデコボコ、ぽっこりで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

運動や食事制限では解消が難しいですが、マッサージでセルライトを潰すと解消することが期待できます。

自宅でマッサージをする場合、間違った潰し方で行うとセルライトが解消できないだけでなく、肌や筋肉を傷める恐れがあります。

セルライトを潰すために力いっぱいマッサージする方がいますが、内出血を起こしてアザができることや筋肉を傷つけて筋肉痛になる可能性があるので、正しい潰し方を知って行いましょう。

セルライトを潰すには、血液とリンパに流れが良くなっている入浴中や入浴後がおすすめです。

お腹を時計回りにグルグルとなでます。

やや強めに力を入れますが、内臓や血管を傷つけるので無理に力を入れないようにしてください。

10回ほどマッサージしましょう。

血流が良くなって老廃物が流れやすくなるだけでなく、腸を刺激するので便秘にも良いです。

食後に行うのは控えてください。

エステでセルライトをケアしてもらえば、自分で行うよりも効果的です。

エステティシャンは筋肉の走行や血管やリンパの位置を熟知していて力加減が適切なので、傷つけないようにマッサージできます。

長年の実績や研究から考案されたマッサージを行っているエステサロンもあり、高い効果が期待できます。

サウナなどで温めてセルライト解消効果を高めているエステサロンもあります。

自宅で高い効果を期待するなら、自己流マッサージよりもマシンを使うのがおすすめです。

マシンを使えば手では難しい深部にまで働きかけることができます。

セルライトを潰すのに最適なのが、ヤーマンのアセチノメガシェイプです。

自宅でエステティシャンが行うようなマッサージができます。

アセチノメガシェイプには13個の突起がついた8個のローラーが使われています。

このローラーが高速回転することで、奥までぐいぐい刺激するようなエステティシャンのようなケアができます。

速度は2段階調整が可能、回転方向も変えられます。

ローラーの数を8個にすることでアタック回数が従来品の140%アップしています。

よりパワフルに働きかけます。

防水性なのでお風呂でも使用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です