むくみが足に出る原因とは?長時間同じ姿勢や血行が悪いと不要な水分が下に溜まってむくむ?

20151005
夕方になると足がパンパンにむくんでしまうと悩んでいる女性はたくさんいらっしゃいます。

特に、立ち仕事やデスクワークなどの長時間同じ姿勢を取っている仕事の方に多く、足の血行不良やリンパの流れなどが悪くなることでむくみやすくなります。

通常、血液というのは心臓から栄養や酸素を運んでいて、帰りには不要な水分や老廃物などをリンパと共に回収して、心臓へと戻っていきます。

当然足にも同じように作用しますが、心臓から一番遠い足は血行などが悪くなると、水分などを回収しきれずに余った水分は重力の影響を受けて下へと下がってしまうため、足がむくんでしまいます。

男性も足がむくむことがありますが、圧倒的に女性に多い症状です。

足の血液やリンパを心臓へと押し戻しているのがふくらはぎで、ポンプのような役目をしています。

ところが、筋肉量が少ない女性は押し戻すポンプの力が弱いですから、男性よりも女性の方がむくみに悩む方が多いのです。

また、女性特有の冷え性も関係していて、足が冷えやすいと血行も悪くなりますから、冷えが原因で足のむくみが起きてしまいます。

つまり、血行やリンパの流れを良くしてあげてふくらはぎのポンプ機能をサポートすることで、むくみを解消することができます。

血行促進というと一番手っ取り早いのがお風呂です。

湯船にじっくりと浸かることで体の芯から温まって全身の血行が良くなりますから、一緒にリンパの流れを良くすることができて、むくみを解消できます。

また、体が温まっている状態でリンパマッサージをするとさらに効果的です。

足先から太もも方向へ軽くなでるようにマッサージするだけでも、リンパの流れを促進できます。

また、ふくらはぎのポンプ機能を手っ取り早く高めてくれるのが弾圧ソックスです。

弱っているポンプ機能を適度な圧力でサポートしてくれますから、血液やリンパの流れが良くなってくれます。

そして、足を冷やさないようにして冷え性改善に努めて、血行を悪くしないように衣類を調節して温かい食べ物や飲み物を飲むと効果的です。

また、適度な運動はふくらはぎの筋肉アップや冷え性改善にも役立ちますから、空いた時間で上手く取り入れていくと良いでしょう。

締め付けの強い下着や靴、衣類などは血行を妨げてむくみの元になるので、なるべく避けるのが無難です。

また、仕事で長時間同じ姿勢を取る場合でもなるべく合間で歩いたり足を動かしたりして、血行とリンパの流れを悪くしないようにするのが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です