むくみが出た足を解消させる方法とは?運動やマッサージやキャビテーションが良い?

20151001
足のむくみに悩んでいる方は有効な解消方法を試す事によって解決出来る可能性があります。

足はむくみを起こすと太って見えて、見た目にも良くないですし、疲労感を感じやすくなる等様々な影響があります。

こうした足のむくみは、余分な水分を溜めこんでしまう事から発生するものです。

血流やリンパの流れが悪くなっている状態であり、そうなれば臓器の働きも低下するので余分な水分を体外に出せずにむくみが慢性化してしまいます。

足のむくみの解消方法としては代謝を高めるという事は基本であり、その為には運動や食事改善、マッサージ等を行う事は有効です。

代謝を高めるキャビテーション機器を使う事も、むくみ対策としては効果が高いです。

むくみが発生している方には同時に脂肪も蓄積している可能性も高く、冷え性で血流やリンパの流れが停滞している事で脂肪とむくみの両方を抱えてしまっている例が多いです。

有酸素運動を適度に行って代謝を高めると脂肪燃焼効率もアップして血流が良くなりますし、体を全体的に痩せさせる事も可能であり、リンパの流れを良くする為のマッサージはむくみ対策として重要です。

足の先端部から上部の心臓に向かってマッサージを行う事が効果的であり、運動とマッサージを加える事や暴飲暴食を避けて臓器への負担を軽減させる事も必要です。

キャビテーションのように超音波を使って脂肪を溶かして対外に出す方法を使うにしても、キャビテーションで代謝が高まっている時に運動やマッサージを加える事で相乗効果を発揮し、家庭用キャビテーションを使う時は特に自力でマッサージを加えたりする事が必要になります。

人体は下半身に7割程の血液が集まる傾向にあり、これは心臓に戻って行くように動いているのですが、足の動きを作るという事は大切な要素になり、歩いたり走ったりする事によって筋肉の収縮が起こってポンプのように働き血流改善を促す事になります。

長時間同じような姿勢でいるとむくむのは筋肉の収縮が無くポンプ機能が働かないからであり、こうなれば血流もリンパの流れも停滞する事になります。

むくみが発生している時には出来るだけ足の筋肉を使う事が必要です。

塩分摂取にも気を付ける必要があり、塩分の特徴としては水分を抱え込んでしまう性質があるので、塩分の過剰摂取は余分な水分を排泄出来ない事になります。

むくみ退治は代謝を高める事が重要であり、その為に運動やマッサージ、機器を活用する等の方法があります。

相性の合う方法を選択して実行すると良いですし、継続的なケアを行う事によってむくみは解消されるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です