キャビテーションとはリバウンドしにくい痩身エステ?超音波で脂肪を排出させるの?


キャビテーションとは空洞現象とも呼ばれていて、液体の中で圧力差での気泡の発生と消滅を起こす現象のことをいいます。

これまでメスを使ってしか取り除くことができなかった脂肪に超音波をあてることで気泡を発生させ燃焼し、排出しやすい状態にすることができる痩身エステマシンです。

これまで脂肪を減らそうと思ったらメスで患部を切ってそこから吸い出す方法を取っていましたが、キャビテーションはそれとは全く異なる方法で体を一切傷つけることなく脂肪を減らすことができます。

メスを使用することで感染リスクが伴っていた脂肪吸引ですが、キャビテーションではそういった心配は全くありませんし、痛みを伴うことなく安全に痩せることができます。

キャビテーションは施術の際に超音波による耳鳴りなどを感じる程度で大きな副作用はありませんし、脂肪を排出する際に肝臓や腎臓が活発に働くことで全身のだるさなどを感じることはありますが、いわゆる好転反応ですので心配はありません。

脂肪の量自体を減らしますので、リバウンドをしない痩身方法としてもとても人気になっています。

キャビテーションは超音波で1秒間に約三万回から四万回程度の振動を発生させ脂肪内に気泡を作り、その気泡が弾けるときに脂肪を乳化させ燃焼させることができます。

そして乳化した脂肪がリンパや血液に流れていくことで、最終的には尿として排出されることになります。

そういうことなので、この排出を促すためにキャビテーション後の代謝が上がった状態で消化されやすい食事や有酸素運動で効率よくエネルギーを燃焼させていくことで、さらに痩身効果を上げることが可能です。

キャビテーションは肥大化して固まってしまった脂肪や頑固なセルライトも解す作用がありますので、運動やカロリー制限だけでは取れにくかった脂肪も効果的に落とすことができるという嬉しい点もあります。

セルライトは加齢と共に下がってしまう代謝や、リンパの流れが滞ることでできやすくなってしまうものです。

特に気になる太ももや二の腕、お腹周りやお尻などには脂肪が多く、新陳代謝の低下によってセルライト化しやすい部分です。

こういった脂肪の取れにくい箇所もキャビテーションの超音波を当てることで排出が可能になり、痩身効果が期待できます。

キャビテーションによる効果の出かたには個人差がありますが、継続的に行うことで脂肪を溶かし代謝をアップさせ、痩せやすい体に変えていくことができるのは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です