キャビテーションは顔用のものがあるの?リフトアップやキメが整うメリットがある?

20150921
キャビテーションというのは脂肪に超音波を当てて脂肪燃焼させるエステ方法です。

効果が非常に高く、施術自体も機器で超音波を当てるだけで痛みも伴わないことで人気が高まっています。

基本的に全身に施術が可能ですので、顔の脂肪に作用させるためのキャビテーションも可能です。

しかし顔というデリケートな部位にキャビテーションを行う際には、いくつか注意しなければならないことがあります。

キャビテーションというのは超音波で脂肪を振動させて燃焼させるものですので、この振動が顔周りの神経にも伝わってさまざまな副作用が起きやすいとされているのです。

耳付近に機器を当てる事で耳鳴りがずっと残ってしまうこともありますし、頭に近いことで脳も振動してしまい、脳震盪に似た症状が現れることもあります。

顔用に出力を抑えたキャビテーションであっても、そのような点を把握した上で行う必要があるでしょう。

最も、キャビテーションが浸透してきて施術を行う側の技術や知識も向上してきたことで適切なキャビテーションを行ってくれるサロンが増えていますので、こういった副作用が起こることも少なくなってきています。

顔用キャビテーションの効果は、顔全体のリフトアップやむくみの解消、キメが整うことでザラつきもなくなり肌色がワントーン明るくなる、目の下のクマもなくなり目がパッチリするなど、嬉しい作用ばかりです。

キャビテーションは脂肪に作用するエステですが、血行もよくなることで肌の色の透明感も増し、毛穴レスの美肌にもなります。

むくみが取れることでさらに小顔効果もアップしますし、加齢によって下がってしまった頬も引き上げることができるので、若返り効果があります。

一度の施術でも実感できますが、定着率を上げるためには施術の回数を重ねることが必要です。

ですが、副作用を避けるために出力を抑えている顔用のキャビテーションは、体用のものと比べると効果は少なめになります。

ですので、一時的な作用はあっても定着をさせるのには時間がかかることを覚えておきましょう。

急いで効果を得るために強い超音波を当てようとしてしまうと、気分が悪くなってしまったり体がふらついてしまったり、急激に脂肪を落としてしまうことで顔にシワができやすくなるという話も出てきています。

顔というのは体よりも繊細な部位ですので、キャビテーションを行う際には必ず顔用のものを使い、しっかりとした技術と知識を持ったサロンに施術を行ってもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です