キャビテーション後にだるい状態になるのは固まった脂肪が溶けてリンパと血液に流れるから?


キャビテーションというのは、脂肪にのみに作用する超音波を使用するダイエット方法です。

なので、皮膚や骨や筋肉への影響はありませんし、副作用のない痩身術とされています。

ですが、そのキャビテーションを受けた後に疲労感を覚えたりだるいと感じるという声も上がっています。

極度の疲労感ではなく、何となく体が重く感じる程度のだるさです。

それはキャビテーションが短時間で脂肪を溶かして一気に減らすダイエット方法であり、身体のバランスが急激に崩れてしまうことが理由です。

といっても、決して悪い崩れ方ではなく、このだるいという感じは数日で回復するものなので心配はありません。

だるさは固まった脂肪が溶けてきちんとリンパと血液に流れている証拠でもあります。

身体の老廃物を排出することは、ダイエットにおいてとても重要なことです。

まさにキャビテーションも脂肪という不要なものを体外に排出することが目的ですし、こういった排出にはいわゆる好転反応が付き物になります。

溜まっていた老廃物を体外に出そうとして、身体がフル稼働するためにだるいと感じることが多くなるのです。

中にはだるさの他にも頭痛なども伴うことがあります。

とくに身体の中に老廃物が溜まりすぎてしまっている状態でキャビテーションを受けると、脂肪の排出効果だけではなく、代謝がよくなることで老廃物排出効果も高まりますから、余計なものを出そうとする身体の働きが活発になってだるくなってしまうのです。

キャビテーションでの超音波照射は、破壊した脂肪が溶けて最終的に尿になります。

脂肪が血液やリンパ液を通って肝臓に運ばれて、処理をされてから腎臓に行くのですから、普段でも忙しく働いている肝臓と腎臓はキャビテーションを行うことでより活発に活動しなければなりません。

また、代謝がよくなることで胃腸の働きも活発になりますので、内臓がてんてこ舞いになります。

そのことで人によっては倦怠感が出てしまうこともあるのです。

予防方法としては、一度にキャビテーションを受ける部位を少なく留めておくことです。

全身の施術を受けるとだるさが出やすくなってしまいます。

なので、だるいのが気になる方は、少ない部位の施術を定期的に行うようにする方法が望ましいです。

体の負担が少なく済むので、気持ちよくキャビテーションを受け続けることができます。

ですが、あくまでも一時的な好転反応ですので、だるいと感じても何の問題もありません。

確実にキャビテーションが効いている証拠なので安心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です