キャビテーションの前日までに気をつけることはあるの?よく寝て体調を整えましょう


キャビテーションは超音波を当てて脂肪を溶解する痩身法です。

キャビテーションとは液体に圧力を加えると気泡の発生と消滅が繰り返される現象で、この原理を痩身に使用しています。

超音波を体に当てても害はなく、健康な方なら受けることができます。

メスを使わず脂肪細胞を減らすことができてリバウンドしにくいです。

セルライトにも働きかけることができて、肌表面が滑らかに近づきます。

何をやってもやせない、デコボコが気になる方におすすめの方法です。

キャビテーションはエステサロンやクリニックで受けられますし、自宅用のマシンを使って自分で行うこともできます。

エステを受けたり病院を受診したりするときは、香水をつけないでください、食事を控えてください、などと言われることがありますよね。

キャビテーションの前日にも何か気をつけることがあるのでしょうか。

キャビテーションを受けると、まれに胃の不調を感じることがあります。

前日は普段通り食事をして良いのですが、施術の前後1時間は食事を控えるようにします。

細胞から溶け出た脂肪は肝臓に集められて排泄されます。

肝臓はアルコールの分解、エネルギーの貯蔵、解毒などさまざまな活動をしています。

毎日休まず働いているのですが、そこにキャビテーションで脂肪が流れてくると仕事が増えて負担になります。

肝臓の負担を抑えるために、キャビテーション後はアルコールの摂取、喫煙など肝臓の負担になることを控えます。

前日にお酒を大量に飲むと負担が増えるので、前日もアルコール摂取を控えた方が良いでしょう。

健康状態によってはキャビテーションが受けられないことがあります。

妊婦、皮膚トラブルがある、ペースメーカーを使用している、血液の病気や糖尿病の薬を飲んでいる方は受けられないので、当日までに問い合わせをして確認しておきましょう。

日焼けしている肌はやけどをしたときと同じような状態になっています。

この状態でキャビテーションを受けると肌の負担になる可能性があるので、過度の日焼けをしているだけでも施術を受けられないことがあります。

施術前は日焼けしないように日焼け止めを塗って日傘をさすなどして紫外線対策をしっかりします。

そして、前日は早めに寝て体調を整えておきましょう。

前日よりも施術後に気をつけた方が良いこともあります。

溶け出した脂肪を排泄することで効果が高まります。

運動をして脂肪を燃焼させて体を温めて汗をかくなどして脂肪の排泄を促しましょう。

定期的に運動をしているとキャビテーションの効果が高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です