キャビテーションとラジオ波の違い!即効性で効果があるのはキャビテーション?


ラジオ波とキャビテーションってどう違うの?

セルフダエイエットでは難しい部分痩せを実現してくれるのが、痩身エステです。様々な施術方法がありますが、部分痩せに最適だと人気になっているのがキャビテーションとラジオ波です。

キャビテーションとは、切らない脂肪吸引といわれている痩身法で、脂肪細胞を破壊するほどの効果を持っています。専用のマシンで超音波を当てることにより、脂肪細胞の周りに気泡を発生させます。

その気泡が弾ける時に脂肪細胞を溶かして乳化させて、脂肪細胞の数を減らすことができるので、短期間で結果を残すことができる、今人気のダイエット法です。

一方、ラジオ波は体内の代謝を高めて脂肪を燃えやすくする方法です。

ラジオ波と呼ばれる高周波を発生させるマシンを当てて、体内の深部を広範囲に温めることにより、体内に熱が生じて新陳代謝が活発になります。

脂肪の燃焼効果が高まり血行やリンパの流れが良くなるので、冷え性改善やむくみ解消などにも効果があります。

キャビテーションとラジオ波はどっちがいいの?

どちらがダエイットや部分痩せに効果があるかというと、体質にもよりもますが、キャビテーションの方が脂肪細胞そのものを減らすことができるので即効性があり多くの方に向いている痩身法です。

しかし、溶けた脂肪細胞を老廃物として流す機能はキャビテーションには備わっていないので、エステなどではリンパマッサージなどで溶けた脂肪を排出しやすくする施術も一緒に受けるのが良いでしょう。

一方、ラジオ波でも高い痩身効果を得ることができます。

固くなったセルライトなども柔らかくすることができて血行やリンパの流れも良くなるので、エステでのマッサージや自分で運動などを組み合わせることで、気になる部分の引き締め効果を得ることができます。

また、ラジオ波の効き目は個人差がありますが、数日から10日くらいは続きます。その間に少し頑張ってマッサージや運動を自分で行えば、部分痩せも可能です。

それぞれ、少し違った利点を持っているので、自分の必要とする方を選択するといいかもしれません。

キャビテーションとラジオ波は、両方一緒に受けてもいいの?

キャビテーションは脂肪分解が得意で、ラジオ波は脂肪を温め、代謝を上げて流れやすくしてくれる利点があるので、二つのメリットを生かした施術を受けることで、効率的に脂肪をなくして老廃物として排出することができ、部分痩せには高い効果を発揮してくれます。

キャビテーションとラジオ波、どちらにも優れた点があるので、気になるなら体験コースなどで両方の施術が含まれているプラン受けてみるのが良いのではないでしょうか?

それぞれを体感してみることやカウンセリングで相談してみると、より自分に合っていて早く部分痩せできる施術を見つけるのに役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です