キャビテーションと有酸素運動で痩せやすくなる?代謝が高い間に脂肪を燃焼させて排出しよう

20150915
キャビテーションを行うことで分解された脂肪細胞は、血液やリンパ液に流れて体外に排出される事で減らすことができます。

副作用もなく安全に施術できる痩身エステで昨今人気になっていますが、その効果を実感できないという方も中にはいます。

キャビテーションで行えるのは、あくまでも脂肪を排出されやすいように柔らかくすることだけですので、効率よく排出するためのアフターケアが必要になります。

つまり、乳化した脂肪を体内に留めておいたままでは痩せることができないのです。

脂肪は施術後に代謝を高めて体外に出すように促す必要があります。

その際に有効なのが有酸素運動です。

キャビテーションで思うような効果が得られないという方は、施術後に有酸素運動を行うことで脂肪が排出されやすくなりますし、効果を実感できている方もより痩せやすくなります。

キャビテーションを受けた後というのは代謝がとても上がっている状態です。

摂取したエネルギーを消費しやすくなっているので、ここにさらにエネルギーを使う有酸素運動をすることによって、効果を高めることができます。

キャビテーションを受けることで2週間ほどその効果が持続し、脂肪が流れ出やすい状態になります。

この期間を有効に利用してジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行い、軽い筋トレなどを加えて脂肪燃焼効率をアップさせることが痩せやすくなるポイントです。

有酸素運動を行うことでキャビテーション効果をさらに上げることができて非常に効率的なのです。

キャビテーションというのは運動だけでは取りにくい頑固な脂肪も溶かして、排出しやすい状態にしてくれる施術です。

せっかく施術を受けたからには、取れやすい状態になった脂肪を失くすために効果をアップさせる工夫が必要でしょう。

キャビテーションを受けた後そのままにしておかず、筋肉量をアップさせて代謝を高めるための有酸素運動を行うことがとても重要になります。

キャビテーションと有酸素運動はいい相乗効果を生みます。

脂肪排出のためのキャビテーションと、排出を促す代謝を上げるための有酸素運動を組み合わせることで、よりキャビテーションの効果を高めることができるのです。

これまでキャビテーションで思うような成果が得られなかった方も、施術後に有酸素運動を取り入れてみると良いでしょう。

中にはキャビテーションとその後の有酸素運動を痩身コースのプランに取り入れているサロンなどもありますので、自己ケアに不安のある方にはおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です