キャビテーションのメリットとデメリットとは?リバウンドしにくいが回数が必要?


キャビテーションの大きなメリットは、身体にメスを入れずに脂肪を破壊して痩せられるというところです。

これまでは難しかった部分痩せもキャビテーションの機器を当てるだけで可能になりましたし、ダイエットの天敵であるしつこいセルライトも柔らかくして脂肪を排出させやすい状態にできます。

何よりも破壊された脂肪を上手に体外に排出できれば、リバウンドをしにくくなるというのが特徴です。

施術には痛みも伴いませんし、多くの方がダイエット効果を実感しています。

ですが、後遺症も副作用も心配はないメリットばかりのキャビテーションにも、少なからずデメリットがあります。

まず一度の施術では効果が得られないということが挙げられます。

痛みを伴う施術ではありませんし、何かを我慢しなくてはならないような方法でもありません。

ですが継続してキャビテーションを行うことと、キャビテーションを受けた後のアフターケアをしっかりとしていかなければ、脂肪がきちんと排出されずに痩せることができません。

施術を受けるだけではなく、より効果的なダイエットにするためには日頃から食事に気を付けて、マッサージを行って脂肪が排出されやすい身体作りを同時に行わなければなりません。

それに効果を実感できるまで時間がかかってしまうというのもデメリットに挙げられます。

そのことで継続が必要なキャビテーションを途中でやめてしまう方も多くいるのです。

破壊された脂肪は自然な代謝で体外に排出されますので、身体の負担が軽い分即効性はありません。

その上効果には個人差がありますので、最低でも五回から六回は定期的にキャビテーションを行わなければ効果の判断ができません。

そしてキャビテーションを受けた分だけ費用がかかってしまうのも、途中で断念してしまう大きな原因になっています。

脂肪が破壊されるとその箇所の肌が弛んでしまうこともあるので、弛み解消のためのマッサージなどもキャビテーションとセットにすれば、そこでも対策のために費用がかかります。

最初にキャビテーションに掛けられるお金の確認と計画を細かく立てておかなければ、目標体重までキャビテーションを続けることは難しいでしょう。

キャビテーションは継続することで、リバウンドをしない理想の身体を手に入れることができるメリットの多い最新の痩身方法です。

デメリットもきちんと頭に入れた上で、効果が出るまで諦めずに続けて施術を受けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です