キャビテーション中に耳鳴りがすることがあるの?超音波による振動が骨に伝わるから?

20150911
キャビテーションは特殊な超音波で脂肪を溶かして外部に排泄する手法であり、体にメスを入れる事もなく脂肪を吸引出来るという痩身技術です。

副作用リスクも少なく施術出来るのですが、キャビテーション中に耳鳴りがすることがあるという例も多く、超音波による振動が骨に伝わる事によって音が響くという事は考えられますし、耳鳴りが起こったとしても施術を止めることや時間をあければ問題が無い現象と言えます。

施術途中で耳鳴りが気になった時には施術者に言えば対応してくれますし、カウンセリングを受けて施術内容の説明を受ける時にも耳鳴りリスクについての説明を行う所は一般的であり、不安にならずに施術を進めていく事が可能です。

キャビテーションは脂肪が多い範囲の広い場所に効果が高く、肉厚が少なくて骨が目立つような箇所には効果が低い傾向にあり、背中やお腹、太ももやふくらはぎ等に付いた頑固な脂肪でも溶かして排泄可能です。

頭部や関節部等には効果は低く、顔の施術が行えるクリニック等もありますが、基本的には広範囲に脂肪が多い個所に効果を発揮するものであり、セルライトのように何年もかけて付いた取れにくい脂肪に対しても有効な施術であり、骨に近い場所に機器を当てれば振動を感じて音が響いて耳鳴りが起こる事もあります。

キャビテーションで起こるリスクは小さなものが多いですが、耳鳴りの他には体調が一時的に悪化する事もあり、これは施術によって代謝が高まって肝臓等が老廃物排泄に活性化する事で体に負担がかかる事から発生するものです。

現れる症状には個人差はありますが、一時的に発生してすぐに収まるものです。

病院にかけこむ必要があるような症状ではなく、体が良くなる為の好転反応とも言えるものであり、リンパの流れに乗って脂肪が出される過程において体調変化は起こりえるものです。

こうした一時的な体調変化と骨伝導によって起こる耳鳴りというものがキャビテーションにおける副作用のようなものであり、人体は音を伝達しやすい傾向にありますから、長引く事もなく安心して施術を受ける事が出来ます。

もちろん個人差はありますから何か変化があればすぐに施術者に指摘する事が重要であり、まずは施術を受ける前に起こりえる副作用の特徴を知っておく事により、安心してキャビテーションによる痩身施術を受ける事が出来るものです。

異変に対して我慢する必要は無いですから、気になった事はすぐに伝えて対処すると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です