キャビテーションは生理中でも出来る?体調が万全ではないのでやめた方が良い?

20150905
エステの施術の中でも高い人気を誇っているのがキャビテーションです。

キャビテーションとは超音波を発するマシンを肌に当てることにより、体の内部の脂肪細胞を溶かしていく方法です。

即効性がありリバウンドのない痩身法として人気になっていて、お腹や太ももなどの部分痩せも可能となっています。

定期的に通っていくと効果が出るのですが、女性の場合は月に一度生理があります。

生理と施術日が重なってしまった時、果たしてキャビテーションは受けられるのでしょうか。

これに関しては、ほとんどのエステがキャビテーションの施術は受けられないと思っておいた方が良いです。

エステによってはキャビテーションのマシンのみの施術は大丈夫で、お腹周りのリンパマッサージなどは不可というところもありますが、多くのエステでは生理中は施術を断られるケースが多いです。

生理中というのはホルモンバランスが崩れがちで体調が万全とはいえないため、キャビテーションで体に大きな負担をかけてしまい、ダイエットの効果が出にくいです。

キャビテーションで溶かされた脂肪は血液などにも流れ込み、老廃物として排出されます。

しかし、生理中は血行が悪くなって体内の血液の量が減少する場合もあるため、そこへ溶かされた脂肪が流れ込んでしまうと老廃物として排出されにくくなってしまいます。

また、体調が優れない場合もありますから、キャピテーションの超音波の骨伝導でいつも以上に音が大きく感じて気分が悪くなって、老廃物を解毒する肝臓などの働きも低下している場合があります。

肌が敏感になっている場合にはボディートリートメントで肌に影響を与えることもあり、思わぬ肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

また、衛生面を考えても施術がしにくい状態となってしまいます。

これらの理由によって、生理中のキャビテーションはエステではほぼ受けることができません。

予約日などの変更はどこのエステでも簡単に行うことができますから、生理と重なってしまった場合には予約の変更をお願いしましょう。

また、生理と同様に大きくホルモンバランスが崩れる妊娠時にも施術が受けられなくなりますから、妊娠が解った時にはエステに連絡してお休みできる場合にはお休みし、無理な場合には中途解約をするのが良いでしょう。

何事も体調が一番ですから生理の時には予約を変更するなどして、体調が万全な時にしっかりと施術を受けてサイズダウンしていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です