キャビテーションの効果を上げる筋トレは?スクワットや有酸素運動が良い?

20150903
キャビテーションというのは、メス等を使って身体を傷つけることなく脂肪を取り除くことができる痩身方法です。

超音波を使って脂肪を破壊し、破壊された脂肪をリンパや血液に流して体外へと排出します。

脂肪自体の量を減らすことできるので、リバウンドをしないダイエット術として人気です。

また、キャビテーションではセルライトのように固まってしまって取れにくくなった脂肪も柔らかくしてくれるため、普通のダイエットでは痩せづらかった部位でも効果的に痩せることができます。

キャビテーションを受けたあと、身体はとても痩せやすい状態になります。

脂肪が燃焼されて取り除かれやすくなりますので、普段から筋トレをして基礎代謝をあげておく事で、より効果的に脂肪が燃えやすくなるのです。

キャビテーションの効果は約二週間といわれているので、この間にいかに脂肪を燃焼させることができるかでダイエットの効果に差が出てきます。

脂肪を燃やせる身体は代謝の良い身体です。

キャビテーションで新陳代謝が良くなっている状態を活用して、効率よく筋トレをしてさらに痩せやすい身体作りをしましょう。

ただし、あくまでもダイエットのために代謝を上げる筋トレですので、過度な運動は必要ありません。

あまり激しい筋トレをしてしまうと、筋肉量が増えすぎて筋肉質な身体になってしまうので注意しましょう。

筋トレは器具を使わなくても、スクワットや腕立て伏せや腹筋といった自宅で簡単にできるもので問題ありません。

それからピラティスやヨガといった緩やかに全身の筋肉を鍛える運動を続けると効果的です。

テレビを観ながらストレッチをするところから始めてもいいでしょう。

無酸素運動だけではなく有酸素運動とも相性がいいキャビテーションは、まず普段から意識して歩く距離を増やしたりしてみても良い効果を得ることができます。

どちらの運動もポイントは疲労感を感じない程度に、続けられる運動量を意識することです。

それから大切なのは、せっかく脂肪を効果的に燃焼させるために運動をした後に、温まった身体を冷やさないことです。

代謝が上がると汗を大量にかきます。

運動をした後は汗をきちんと拭いて、せっかく高まった代謝を下げないようにしましょう。

キャビテーションをする事で、大抵のエステサロンではアフターサポートを受けることができます。

施術後のカウンセリングでもプロのエステティシャンにどのような運動をすればいいのかアドバイスを得ることができるので、参考にすることもお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です