キャビテーションは食事の仕方を施術後に意識すべき?直後は食事を控えましょう


キャビテーションの施術直後は、食事の摂ることを控えなければなりません。

というのも、施術後すぐに食べ物を口にしてしまうと、摂取した栄養を普段よりもよく吸収してしまい、太りやすくなってしまうからです。

それだけではなく、キャビテーションの施術後というのは体や内臓に負担がかかってしまっている状態です。

そんな体を休めなくてはならないといった意味でも、最低でも施術後二時間は食事の摂取を控えるようにした方が良いでしょう。

その後は普通の食事をしてもかまいませんが、消化が良いものを選んでおいた方が賢明です。

脂肪分の多いものや糖質が多い炭水化物は体脂肪として体内に留まりやすいので、せっかく脂肪排出のためにキャビテーションを受けたのに、その効果が薄らいでしまいます。

よりキャビテーションの効果を実感したい場合には、施術後に高カロリーな肉類や油分が多い揚げ物類、それから肝臓に負担がかかるアルコールは避けることです。

そして野菜や果物や大豆製品といった、胃腸に負担の少ない消化されやすい食事を選ぶようにしましょう。

身体の中に脂肪が蓄積されることを避けることができます。

また、脂肪の排出作用を上げるために水分をたくさん取ることもお勧めです。

食事に気をつけないと、せっかく痩身エステを受けたのに効果を感じることができなくなります。

キャビテーションの後二時間ほど食事を我慢して、その後消化のいいものを摂取すること意識するだけで、脂肪と老廃物が排出されやすくなるのです。

逆にキャビテーションを受けて効率よく痩せるためには、これらを守るだけでダイエット効果が高まります。

少なくともキャビテーションの施術後から三日から四日は、キャビテーションによって破壊された脂肪が溶けてリンパや血液へと流れ出し、肝臓に運ばれて行って処理がされ、最終的に尿になり排出される時期です。

この期間は普通の状態よりも身体か老廃物を体外に出すために忙しく働いていますので、内臓に余計な負担がかからないように身体に優しい食べ物を摂取する事が必要になります。

せっかくキャビテーションを受けた事で脂肪が取り除けても、食事の仕方でまた脂肪を増やしてしまっては元も子もありません。

キャビテーションで破壊された脂肪は体外に排出するのですから、キャビテーションを定期的に受け続けて、その際に脂肪を体内に溜めない食事を心がけるだけで、必然的に脂肪量を減らしていくことができるのです。

施術後二時間は食事を控え、さらに三日から四日間は消化しやすい食事を意識することを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です