キャビテーションで効果なしの時は?施術後に有酸素運動や筋トレで脂肪燃焼効率を高めよう

20150821
キャビテーションは特殊な超音波の機器を当てる事で脂肪を溶かして排出させる痩身マシンですが、これは肌を傷つけるリスクも無く行えるダイエット方法でもあり、エステサロン等で施術を受けると痩せ体質に変わってリバウンドもせずに痩せる事が出来る可能性があります。

もちろん個人差はありますが、キャビテーションで効果なしという方も居ますし、こういう場合には何が原因で解決策はあるのかというと、いくつかのポイントを押さえて改善させると効果を得られる可能性があるものです。

キャビテーションは脂肪を乳化させる事で血中などに流して外に出すものですが、この乳化した脂肪は元に戻る事がないものであり、施術を受ければ代謝を高めるマッサージや運動を併用すると、相乗効果で痩せやすくなります。

ですから施術を受けて効果なしという方は、水を沢山飲んで有酸素運動を行なうことや、マッサージでリンパや血流を良くして脂肪を外に出す効果を高めていく事が有効です。

キャビテーションを受ければ勝手に脂肪が消えていくと考えるのではなく、施術を受けても暴飲暴食して毎日摂取カロリーが代謝カロリーよりも増えた状態になれば痩せる事は無いですし、施術後に代謝がアップしている時に運動等を加える事によって効果を実感出来る可能性が高くなります。

セルライトのような頑固な脂肪の塊でもキャビテーションによって取り除けたとしても、その後に食べ過ぎることや生活習慣が乱れていれば新しい脂肪がつく事になりますから、食事量は腹八分程度にして、食事や運動、睡眠等の生活習慣全般を整えてみる事は必要です。

施術を受ければ二週間程効果が持続して脂肪が外に出やすい状態になりますから、こういった期間中を有効活用して、20分程度のウォーキングやジョギング等の有酸素運動をしたり、軽く筋トレを行って脂肪燃焼効率を高めるようにする事で、キャビテーションの効果をアップさせる事が出来るものです。

エステサロンでの施術で痩身マシンさえ使っておけば体型を良く出来ると考えても難しいですし、綺麗なプロポーションを作り維持するには筋力も必要になりますし、毎日の生活も関わってくる事にもなります。

いずれにしても運動だけでは中々取る事が出来ない頑固な脂肪でも溶かして外に出しやすくする施術ですから、施術を受けた以上は効果をアップさせるように工夫する事が望ましいですし、そうする事で効果を感じなかった方でも効果を得られる事にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です