キャビテーションにはメリットはもちろんデメリットもあるので覚えておきましょう!


キャビテーションというのはエステで行うことができる痩身方法の一つで、今とても注目されています。

専用の機械で身体に超音波を当てることで、脂肪を分解させて体外へと排出させます。

また、効率のいい部分痩せが可能です。

キャビテーションのメリットは、まず施術に痛みを伴わないことでしょう。

超音波を当てることで脂肪に作用しますので、施術中を快適に過ごすことができます。

また、メスを使わないため身体に傷が残ることはありません。

それに、キャビテーションというのは脂肪の細胞数自体を減らす効果がありますので、リバウンドのリスクがとても低いという点が挙げられます。

しつこいセルライトを解消する作用もあり、通常のダイエットで痩せることができなかった部位であっても、キャビテーションによって効果的に脂肪を撃退させることができます。

しかしそんなメリットばかりのキャビテーションにも、ある程度のデメリットがあることを知らなくてはなりません。

キャビテーションを行う際は痛みこそ伴いませんが、超音波を使用することで骨が振動し、頭に音が響いてきます。

施術が終われば大抵その音は聞こえなくなりますが、中には終了後もしばらく音が残ってしまうというかたも少なくありません。

ですが、少々気になる程度でしばらくすれば収まりますので、あまり心配はありません。

それから肝臓への負担が副作用としてあることを覚えておきましょう。

キャビテーションによって破壊された脂肪は、肝臓で分解されます。

そのため肝臓へとても負担がかかってしまい、肝臓の機能が低下しているかたや肝臓に持病のあるかたは施術が受けられないこともあります。

また、壊された脂肪は血液中にも溶け出しますので、血中の中性脂肪の値も高くなることがあります。

これらのデメリットは一時的なものであって、後遺症が残ってしまうような危険性はありませんが、施術を受けることで気分が悪くなることもありますので、くれぐれも施術の際には体調が万全の状態で受けるようにすることです。

少しでも心配な要素があったら予約を変更してもらいましょう。

キャビテーションで高い効果を得るためには複数回施術を行う必要があります。

そして新しいダイエットマシーンであるため、機械の使用にはある程度高額の費用がかかることがデメリットして上げられます。

楽に確実に痩せることができますが、エステに通う頻度次第では、予想よりも費用が高額になってしまうことがあるでしょう。

キャビテーションは痩せるだけではなく、代謝を上がることで痩せやすい体質にも変える事ができる新しいダイエット方法です。

そして希望通りの体型にするためには、高額なお金がかかってしまうことを覚えておかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です