キャビテーション中に耳鳴りがすることがある?なぜ起きるの?注意点は?

20150810
今、女性の間でキャビテーションが注目されていることをご存知でしょうか。

キャビテーションとは機械で脂肪に効く超音波周波数を体にあててゆき、脂肪を破壊していく痩身方法です。

メスを使わない脂肪吸引とも言われているくらい、痩身効果が高い痩身方法なのです。

大手エステサロンや美容外科などで取り扱われているキャビテーションですが、メスで体を切って、脂肪を吸引していくような大掛かりな手術をしなくとも、超音波を当てるだけで脂肪を撃退することができるので、安全に安心して施行を受けられるということで人気が高まっています。

大人気となっているキャビテーションですが、キャビテーションを受けることによって、何か身体に悪影響がでたり、ダメージを受けることはないのでしょうか。

実は、キャビテーションを受けた人の中には「施行中に耳鳴りを感じた」という人がおられます。

キャビテーションを受ける時に、どうして耳鳴りを感じる人がいるのでしょうか。

キャビテーションで痩身していく時には脂肪に超音波を当てて体内に気泡を作ってゆき、それが破裂する時の衝撃で脂肪細胞を破壊してゆくこととなります。

脂肪を破壊するために体にあてる超音波が体内に響いて、「キーン」という耳鳴りを感じてしまう方も稀におられます。

超音波をあてる時間が長ければ長いほど、耳鳴りがなかなかとれない、という感覚に陥ってしまう場合があるようですが、施行が終わると、自然と耳鳴りも治まります。

稀に、施行終了後も耳鳴りを感じる方もおられるようですが、自然と薄れ、感じなくなってしまう場合がほとんどなので、過度に心配する必要はないでしょう。

また、キャビテーションを受ける際には体調を万全にして施行を受けることをおススメします。

体調不良の時にキャビテーションを受けたことで、耳鳴りを感じる場合もありますし、施行中に気分が悪くなったりする可能性もないとは言えません。

間違っても二日酔いでフラフラした状態や、徹夜続きで過度な睡眠不足に陥っているなど、極度の体調不良を抱えている時に、「まあ、大丈夫でしょ」と施行を受けることのないようにした方が良いでしょう。

安全に脂肪を撃退できるキャビテーションですが、やはり個人差があります。

前日から体調を整えて、万全を期して施行を受けたとしても、自分の体にあわないな、と感じることもあるかと思います。

そういう時には遠慮なく近くにいるスタッフの方に声をかけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です