ふくらはぎにもキャビテーション

20150807
ふくらはぎが気になる人と言うのは、たいてい筋肉太りによるものなのではないでしょうか?

ただ単に足が太いだけなら、ふくらはぎだけとは言わずに、足首から太ももにかけて足全体を細くしたいと考えるものです。

しかし、若い頃十分な運動をしていたことで筋肉が発達し、ふくらはぎだけたくましくなってしまう方もいます。

この場合、ふくらはぎだけが太く見えてしまってバランスが悪く見えてしまうのです。

この様な筋肉太りの場合、足を細くするためのつま先立ちやウォーキングなどでは効果を得られません。

逆にその上からさらに筋肉がついてしまって、太さが増してしまう危険性もあります。

この筋肉太りと言うのは、実はただ脂肪がついているだけの足よりも厄介で、筋肉が落ちれば細くなるというものでもないんです。

若い頃は運動により、筋肉が程よくついて引き締まっていたかもしれませんが、その運動量が徐々に減ってくることにより、急激に代謝が落ちてしまいます。

代謝が落ちると、筋肉と筋肉の隙間に脂肪がついてしまいます。

その脂肪が老廃物をとどめてしまい、リンパの流れも悪くなり、結果的に脂肪と筋肉でがちがちに硬くなり、太くなってしまうということです。

このような太さを解消するためには、十分なマッサージが効果的です。

硬くなった脂肪を柔らかくし、リンパの流れを促すことで、むくみを取り、脂肪を刺激することで、燃焼しやすくするのです。

しかし、ここまで固くなったふくらはぎの脂肪を柔らかくほぐすにはかなりの根気が必要になります。

そこでお勧めしたいのが、キャビテーションです。

エステと言うと、脂肪吸引など費用もリスクも高いというイメージが強いかもしれませんが、キャビテーションの相場はだいたい1回1万円程度です。

数回行っても、10万円を超えることはないでしょう。

更にこの施術はリスクがとても低いと人気です。

超音波を出す機械を痩せたい部分に上から押しあてるだけなので、皮膚を切ったりハリを刺したり、ということがないまま、脂肪燃焼させてくれるのです。

超音波が凝り固まった脂肪をしっかりマッサージして柔らかくし、溶けやすくしてくれるのです。

そして脂肪を老廃物として体外へ排出する作用があります。

キャビテーションを行うと、それまでやせづらかった部分や、筋肉太りで凝り固まったふくらはぎでも、細く美しいラインを手に入れることが出来るようになります。

施術自体も、横になって機械を痩せたい部分に充ててもらい、寝ているだけでいいのです。

辛さや痛みもないまま思い通りに足が細くなるというのはとても嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です